3.11の震災から広島に住むことになったスタッフがいます。避難生活をお伝えします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
 
[スポンサー広告
『送ろうプロジェクト!』御礼ご報告
Wendyひろしまです。

震災から11ヶ月が過ぎました。
1日・・1日・・・ただただ必死に・・
復興を願い、自分や家族、親戚や友達を
心配して、励まして過ごしてきたように思います。

3.11が近づくにつれて
『もう1年経つんだね!』と復興出来ていない現状と向き合い
悲しくもなります。

しかし、この広島から少しでも気持ちを形に変えて
『送ろうプロジェクト!』での活動が出来ることに感謝申し上げます。


本日Wendyひろしまの『送ろうプロジェクト!』
東広島市福富町『カントリーグレイン』様より
206,865円の義援金を頂きました事をご報告いたします。

現在、広島や岡山から毎週1回のお野菜をお届けしています。
お母様たちの声で広がり、毎週の『お野菜市』も続けることが出来ています。
Wendyいわきのスタッフさんには窓口として
大切なお野菜を管理してもらっています。
また道の駅の復興オープンにもご協力し
お野菜を13箱お届けする予定です。
少しでも笑顔が見れたら幸いです。

Wendyいわきに遊びに来てくれる皆さんには
アンケートなどのご協力をして頂いています。
実際に福島での生活をされての不安や悩み、または子育て中の切実な願いもあります。

時間とともに変わるニーズに
寄り添いながら『送ろうプロジェクト』は続けています。
今後もお野菜は続いていきますが

最近では
「子どもたちが砂に触れるということが出来ない!」
「はだしで土を踏ませたい、泥だんごつくりが好きなんだけど・・」

等の声が多く聞かれます。

また
いわき市にある幼稚園の園長先生より
『肌で学ぶ事をさせてあげられていない!大切な時期なのに・・』
また
『先生、あそこに咲いているお花はさわっていいの?』
と聞いてくる子どもたちがいることや
そしてさわってはいけない事!を自然と身につけてしまった環境に
悩まれ、悲しんでいらっしゃいました。
春になりましたら屋内でさわれる「砂場」を届けたいと思います。


今回の東広島市福富町『カントリーグレイン』様の義援金は
大切に使わせていただきます。
『本当にありがとうございました。』


Wendyひろしまスタッフ・・miu*miu
スポンサーサイト
Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
comment:0   trackback:0
[送ろうプロジェクト
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sugervine2009.blog63.fc2.com/tb.php/135-63571cb4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。