3.11の震災から広島に住むことになったスタッフがいます。避難生活をお伝えします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
 
[スポンサー広告
前向きに生きるために・・
miu*miuです。

ひろしまでの活動は手探りです。
miu*miuがWendyひろしまとは別に関わっている団体についても
お伝えしていきたいと思います。

【東日本大震災によって、この広島へ避難を決めて来られている皆さんの
生活基盤を整えて、前向きに進んでもらいたい!】

そんな思いから出来た団体

ひろしま避難者の会「アスチカ」
HPはこちらをクリックしてください。

WendyひろしまはWendyいわきとの連携で、活動していますが
ひろしま避難者の会「アスチカ」は広域な支援を目的としています。

支援の内容は少し違いますが
寄り添いとして、なんら変わりはありません。

明日、大臣へ表敬訪問が決まっており
ひろしまのボランティアさんと「アスチカ」の資料を用意しました。
用意しながら、いつもボランティアさんと
「どうあるべきか?」
「3.11以降の避難者の寄り添いの中で、皆さんが幸せに感じるのは
 どんな支援なのだろうか?」と毎回ですが課題として意見交換しています。

miu*miuは避難者でもありますが、Wendyひろしまでは支援者となります。
では、私はどんな支援が必要なのだろうか???
目の前の事をただただ一生懸命乗り越えた2年!
じっくり考えていたのでしょうか?

今、思うことは
「生きることに大切なものは、人それぞれ違うけれど
 やりがい・いきがい・そして目標ができることなのかな?」
と思ったりもします。

被災地のいわきのお母さんの気持ちと広島に避難しているお母さん
それぞれの心に寄り添いながら活動を続けていくことは
とっても大切だということを感じます。

東京へ出発まで数時間しかないけれど・・・
今日もボランティアさんと語り合いました。
私にとって、聞いてくれるボランティアさんの存在は
メンタルな癒しをもらえてるような気がしました。




Wendyひろしまは・・・
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の
助成を受けて活動しています


赤い羽根

Wendyひろしまは…
Wendyひろしまでは子ども達の居場所作り「子ども広場」の開催や東日本大震災の復興を願って
活動しています。被災地へボランティアに行かれる方、また「何かしたいけど・・」と
思っている方はいらっしゃいませんか?
被災地の現状をお伝えし、自然災害への危機管理力を高めていただけるよう願っています。
Wendyひろしまは被災地との連携をとっています。ご支援いただける方のサポートも
喜んでお手伝いさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

この度

広島ブログ
登録させていただきました。

よろしくお願いします。

広島ブログ

福島県いわき市
Wendyいわきはこちらから


Wendyひろしまスタッフ・・miu*miu

スポンサーサイト
Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
comment:0   trackback:0
[スタッフのつぶやき
支援法について・・知るということ
今日はmiu*miuがお手伝いしている避難者の会のフォーラムの日。

原発事故子ども・被災者支援法
広島フォーラム

この準備は大変忙しいものでした。
ひろしまNPOセンターの皆さん、弁護士の方、託児サポーターさん、
広島市社会福祉協議会さん、ひろボラネットさん
一緒にフォーラムまでご尽力いただきました。

準備期間も短い中で、広島県議会・広島市議会の議員の方々へも訪問し
支援法の必要性・また避難者の会があることをお伝えすることができました。
震災後に避難者としての経験と思いの共有によって生まれた会
また会には100世帯の方が入会しています。
この100世帯の皆さんの明日への力をサポートしていきたいと思います。

アスチカ広島フォーラム6.9

【基調講演】には講師として
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)より丹治泰弘司法書士さん
岡山から来てくださいました。
丹治さんも福島市からの避難されています。

基調講演の後は
ファシリテーターの方に入ってもらい
参加者全員で意見交換等の場を持つことができました。
支援者にも、避難者の声で出来るという画期的な支援法なのですが・・・
知らない方が多すぎること!準備を進めていて感じました。
知るということはとても大切に思います。

Wendyひろしまは・・・
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の
助成を受けて活動しています


赤い羽根

Wendyひろしまは…
Wendyひろしまでは子ども達の居場所作り「子ども広場」の開催や東日本大震災の復興を願って
活動しています。被災地へボランティアに行かれる方、また「何かしたいけど・・」と
思っている方はいらっしゃいませんか?
被災地の現状をお伝えし、自然災害への危機管理力を高めていただけるよう願っています。
Wendyひろしまは被災地との連携をとっています。ご支援いただける方のサポートも
喜んでお手伝いさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

この度

広島ブログ
登録させていただきました。

よろしくお願いします。

広島ブログ

福島県いわき市
Wendyいわきはこちらから

【東日本大震災によって、この広島へ避難を決めて来られている皆さんの
生活基盤を整えて、前向きに進んでもらいたい!】

そんな思いから出来た団体をお手伝いしています。

ひろしま避難者の会「アスチカ」
HPはこちらをクリックしてください。



Wendyひろしまスタッフ・・miu*miu

Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
comment:0   trackback:0
[スタッフのつぶやき
ママカフェinいわきかな?
【支援者の為の勉強会】

今日はWendyいわきの副代表2人と福島市へ行ってきました。
     支援者勉強会(ママカフェ)
避難していたママ達が帰還してきている事もあり
「気をつけてあげたい事」「NGワードは気をつけて」
「受け止めてあげたい」「ではどうしたらいい?」
「支援の仕方はどうあるべきか?」
さまざまな課題が挙がっている中で・・・
福島県はとても広い!!
福島市・郡山市をモデルに6月から【ママカフェ】がスタートするのもあって
他の地域でも続いてスタートするには?と話し合いがもたれました。

Wendyいわきはいわき市にあります。
帰宅困難区域の方も多く、メンタル面はとても大切にしてあげたい地域でもあります。
また、いわきから避難して外に出ている方が
戻ってきたときに、悲しくならないように
両手を広げて支えてあげたいと思いました。

7月頃・・・
《ママカフェinいわき》ができたらいいね
ってお話も出ました。

Wendyひろしまのお話も含め
広島にも避難者の方がいること、被災地から遠い中で
避難者の傾向などもお伝えしてきました。
広島にいる避難者の方が戻ろう!と決めた時
その気持ちを大切にそっとサポート出来るような環境作りを
準備していることが嬉しく感じました。

同じテーブルに
双葉郡の健康福祉課の方がいらっしゃいました。
6月17日に埼玉より役所をいわきに持って来られます。
その際、Wendyとしては可能な限りお手伝いします。
とお約束してきました。


勉強会が終わって・・・
いわきに帰る前に・・・
     タイカレー5.31
タイカレーを発見!!
副代表と「美味しいらしいね
「今、いわきにないらしいよ・・」なんて話に盛り上がり
お土産に買ってしまいました(笑)

今日は有意義な時間を過ごしました。

帰りに、県庁へ立ち寄り
生活環境部避難者支援課の〇山さんへご挨拶!
広島でお世話になっております。

広島でお会いしたことがありましたが
福島でお会いできて、身近に感じました。



1
Wendyひろしまは・・・
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の
助成を受けて活動しています


赤い羽根

Wendyひろしまは…
Wendyひろしまでは子ども達の居場所作り「子ども広場」の開催や東日本大震災の復興を願って
活動しています。被災地へボランティアに行かれる方、また「何かしたいけど・・」と
思っている方はいらっしゃいませんか?
被災地の現状をお伝えし、自然災害への危機管理力を高めていただけるよう願っています。
Wendyひろしまは被災地との連携をとっています。ご支援いただける方のサポートも
喜んでお手伝いさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

この度

広島ブログ
登録させていただきました。

よろしくお願いします。

広島ブログ

福島県いわき市
Wendyいわきはこちらから


Wendyひろしまスタッフ・・miu*miu

Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
comment:0   trackback:0
[スタッフのつぶやき
たくさんのお友達に笑顔をもらいました。
「こども広場」終了しました。

朝から雨が降っていましたね。
そんな中、Wendyひろしまのブースでは
遊び場モードに突入していましたよ。

「こどもたちが・・・入ってきたら・・」
「ここにペンかな?はさみは?」

    
まだどんなお友達と会えるかわからないけど
想像しながらブース作りができました。

オープンから
小さなお客様が入れ替わりで入場してくれて
楽しい時間を過ごしました。


     5.19黒瀬広場
こどもたちの発想のすばらしさには
毎回驚かされます。
自分でどんどん制作が進む子もいます。

「ママと一緒じゃないと・・・」って泣いていたおこさんも
嬉しいスイッチが入ったとたん
「まだ帰りたくなーい!!」
「お母様・・もう30分イベント楽しんできてください(笑)」
ってな事になっていたりしました。

↓先生も若い力を吸収して・・・元気もらいました。
     5.19広場内様子
↓復興応援も同時開催!フラムーネ人気でした。
     5.19黒瀬応援ブース前


何気ない空間だけど・・・
子ども達によって、めっちゃ楽しい場所になるんですね。
外は・・だけど・・・
汗カキカキ過ごしてくれたお友達
また会いましょう



Wendyひろしまは・・・
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の
助成を受けて活動しています


赤い羽根

Wendyひろしまは…
Wendyひろしまでは子ども達の居場所作り「子ども広場」の開催や東日本大震災の復興を願って
活動しています。被災地へボランティアに行かれる方、また「何かしたいけど・・」と
思っている方はいらっしゃいませんか?
被災地の現状をお伝えし、自然災害への危機管理力を高めていただけるよう願っています。
Wendyひろしまは被災地との連携をとっています。ご支援いただける方のサポートも
喜んでお手伝いさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

この度

広島ブログ
登録させていただきました。

よろしくお願いします。

広島ブログ

福島県いわき市
Wendyいわきはこちらから


Wendyひろしまスタッフ・・miu*miu

Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
comment:0   trackback:0
[スタッフのつぶやき
竹原市へ


朝方、雨だった広島。
今日も中学生2人のお弁当作りに
育ち盛りの娘のお弁当!
ご飯もたっぷりだけど・・・おかずのスペースも広い二段弁当
おいしいか?どうかは別にして・・
あわただしい朝をクリアしました。

今日は、以前からお話をいただいていた。
竹原市の【東野公民館】へお邪魔してきました。
以前、竹原市へお邪魔したのは、震災後の事でした。
震災当日の話、そして広島に来るまでの事をお話させていただきました。

今日は、その講演を聞いてくださった公民館長さんにお会いしてきました。
震災から2年、色んな事が変わりました。
また目に見える復興の背後には、目に見えない悩みも増えました。
震災直後には、こんなに長い避難生活になるとは考えてもいなかったmiu*miuです。

5月に震災後の事についてお話しすることになりました。
知ってもらえる事、またメディアの報道では知り得ない
小さな・・小さな・・問題の積み重ねが
実際はあるということも被災地に代わってお伝えできたらと思います。




福島県いわき市
Wendyいわきはこちらから

Wendyひろしまは・・・
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の
助成を受けて活動しています



Wendyひろしまスタッフ・・miu*miu

Posted by 震災から広島へ・・避難先の広島からお届けします。
comment:0   trackback:0
[スタッフのつぶやき
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。